• youtube
  • facebook

スタッフ紹介 - 石田スコット

カメラオペレーター部/ステディカムオペレーターの石田スコットです。

スタッフからのメッセージ

石田スコット 石田スコット

カメラオペレーター部/ステディカムオペレーター

石田スコット

Columbia College Hollywood卒

カメラ・ステデイカムオペレーターの石田スコットです。
自分はアメリカで育ち、3年前に日本に帰国をし、スクリューに入りました。
小さい頃から映像がとても好きでしたが、高校生になって本気で映像業界で働きたいと思い、
Columbia College Hollywoodという大学に入り、映像の勉強をしました。
当時は色々なポジションにチャレンジしてみましたが、一番衝撃的だったのが、
ステデイカムオペレーターでした。
初めて見た現場での仕事をしている姿はとても格好良く、
何よりステデイカムオペレーターが撮っている映像がとても綺麗でした。

ステデイカムオペレーターになるには、たくさんのトレーニングや経験が必要ですが、
監督・カメラマンと、とても近い距離で仕事をするので、プレッシャーや責任は大きいですが、
自分のアイデイアや、技術をカメラマンの指示に加え、画作りする事はとてもやりがいがあります。

世界やハリウッドでも戦えるオペレーターを目指して今後も頑張っていきたいです。

Hello, my name is Koji Scott Ishida and I`m a Camera/Steadicam Operator at SCREW Inc.
I grew up all my life in the US however, moved back to Japan three years ago and joined SCREW Inc.
From a young age, I always loved motion pictures but it wasn`t until high school where I firmly decided that I wanted to work in the film industry.
From there, I decided to go to Columbia College Hollywood, a film school in Los Angeles to pursue film making.
I challenged myself with various jobs and departments but the position that gave me the most inspiration was the camera/steadicam operator.
From the moment I laid eyes on the operator, I was amazed by the kind of work the operator was doing. But most of all, I was mesmerized by the kind of shots the operator was shooting.

From there, I decided that I want to be a camera/steadicam operator.
In order to become an operator it take a great deal of training, studying, experience, and most of all, passion. Also, a little bit of luck.
Although it is a very hard and physical job, the feeling you get when you nail a difficult shot or simply when the director or DP expresses joy from the executed shot, you really can`t trade it for anything else.
There`s a lot of pressure that goes along with this job but to incorporate your own ideas on top of the given directions can be very fun and exciting.

I would like to continue working hard to become a world class operator.

採用情報へ戻る